FC2ブログ
~~~日本酒夢紀行~~~

 青森 『田酒・喜久泉』 西田酒造様(2014.11.10)

青森空港に降り立つと、冬の訪れを肌に感じる風の冷たさと終わろうとしている紅葉が目に入ります。

月曜日の早朝、ローカル線に揺られて駅に降り立つと、学校に急ぐ学生達が大勢です。
蔵元は昔の街道沿いにありバス停を提供しています。 
denshu32.jpg
現代風の最新の建物と趣きある古い漆喰の蔵の壁が対照的。
denshu 16
変わりなくいつものように応接室に通されます。
denshu 21
直ぐに支度をして蔵人に従い仕事をご一緒させて頂きます。
denshu.jpg
1日蔵の空気を吸っていると、なぜだかずっと居たような気持ちになります。 これから厳しい冬の前、蔵もそろそろ吟醸酒の仕込みが始まります。
denshu 5
極寒の冬は空気を清涼にします。 閉ざされた蔵の中は寒さに打ち震えますが、蔵人は熱い気持ちで日本酒を造ります。
denshu 14

夜、弘前にて 西田様と分れる際、強いエネルギーとpassionを感じます。
denshu 13

決して派手さはなく、あくまでも控えめですが、芯の太い美味しい日本酒です。 最後にスッと切れるイイ日本酒を改めて感じる機会となりました。
1415668701773.jpg

『田酒 ・ 喜久泉』 素敵な青森のお酒です。

ありがとうございました。

ホームページはこちら http://www.jizakeyasan.com/

竹刀破損防止用面金カバーはこちら http://www.jizakeyasan.com/Shop/k02.html

スポンサーサイト
昨日は、奈良の銘酒 『篠峯』 春の利き酒会 でした。

朝、6時に少しだけ走ってから店に入り仕事をして懇親会用の「篠峯」の支度をします。

8時前に堺東駅に到着。 大型のバスを手配。

そこから堺駅・中百舌鳥と回り40人のお客様と合流します。

8時50分、出発。

車内でお酒の歴史から造りから最新の情報までを軽~くお話します。

お米の話…麹の話…酵母の話…熟成の話…、利き酒のポイントの話…ワインの話…

約40分くらいかな、、、ちとおしゃべりが過ぎました。(^^;

お蔵に着くといきなり?!大雨! ものの10分で止んだのですが少し濡れてしまいました。

受付を済ませてお蔵に入ると、、もう凄い人でした。

11harukikisakekai (3)


蔵見学を足早に行い、その後 約 60種類の日本酒と対峙します。

1 23by 篠峯 どぶろく 火入れ    雄町   70% 酵母 77 日本酒度-14
2 24by 篠峯 もろみ        五百万石  50% 酵母 k-9 日本酒度+2
3 24by 篠峯 上々         五百万石  65% 酵母 k-9 + k-7 日本酒度+1.5
4 24by 篠峯 純米生酒押無無濾過生 五百万石・吟風65% 酵母 k-9 + M 日本酒度+1.5
5 24by 篠峯 直汲み純米無濾過生酒 五百万石・吟風65% 酵母 k-9 + M 日本酒度+1.5
6 24by 篠峯 純米生原酒うすにごり 五百万石・吟風65% 酵母 k-9 + M 日本酒度+1.5
  (上記4~5は搾り方の違い、、、分ったかな??)
7 23by 篠峯 遊々 山田 純米酒(生酛ブレンド)山田錦 60%・70% k-7 日本酒度+4.5
8 24by 篠峯 山田 超辛口竹山 仕込み  山田錦    60%・70% k-7 日本酒度+10.5

書き切れないので(^^; あとはご想像にお任せします。

山田錦…雄町…雄山錦…吟風…五百万石…愛山…八反錦…  参加者の皆さん 米の違いをはっきり利き分ける事が出来たかな? 

 これ程のアイテムの日本酒を利き酒すると自身の味覚と感覚に少し?の変化を感じ取れると思います。

 何が美味しい日本酒なのか?? どんなお酒を燗につけたら美味しくなるか??

11harukikisakekaii (2)


 参加なされた皆さんがより『本物の日本酒』を知る♪機会と成った事と信じます。

 朝早くからわざわざのご足労ありがとうございます。

081005_1109~03

振り返ると葛城山が奥ゆかしく素敵でした…

DSCN3897.jpg



 素敵な大人の遠足でした…

  ありがとうございます。



ホームページはこちら http://www.jizakeyasan.com/


竹刀破損防止用面金カバーはこちら http://www.jizakeyasan.com/SHOP/k02.html


奈良の銘酒 『篠峯』 春の利き酒会のご案内

11harukikisakekai (7)090329_1109~03

~~~大人の遠足~~~

日本酒って??どこで??どんなふうに??造られるのでしょうか??

お酒の造り方・人・場所・道具、そんなこんなを知る事で日本酒の美味しさが広がります。

 お酒の種類も様々、造られて直ぐのフレッシュな新酒の美味しさもあれば、

じっくり熟成された古酒の美味しさもあります。

 そんなこんなを勉強してみます。(約40種類ほど利き酒)

11harukikisakekaii (2)11harukikisakekaii.jpg11harukikisakekai (3)081005_1109~03


■日時:平成25年3月31日(日) 朝、8時30分~12時30分頃帰阪予定。

■目的地: 奈良県葛城 千代酒造様 現地にて蔵見学&試飲 

■集合場所:8時10分 南海高野線 堺東駅   ロータリー
 
8時25分 南海本線 堺駅 中央口向かい東側ロータリー

8時40分 中百舌鳥駅 東側ロータリ―      

100411_1359~01
  このバスにてお迎え

それぞれバスにてお迎えにあがります(現地滞在時間9:40~11:30)

■費用:お1人様 2500円
 
■定員:28名

※特製 篠峯利き酒グラス1個と酒肴セット付き

お名前 
                    
ご住所 
                    
お電話  
                   
メール  
                   
人数      名

帰阪後、堺東駅近くにて懇親会(お昼ご飯)を予定 

『くうとん』さんにて大分ブランド豚 金雲豚を頂きます。(お1人¥3000くらい)

どちらかに○     参加・ 不参加




こちらをプリントアウトしてお持ち下さい(2月20日までにお願いします)
日本酒夢紀行 銘酒『十四代』 山形県 高木酒造様

2012年、7月 23日今日は山形県に出張です。

銘酒 十四代を醸す高木酒造様に行きました。

朝、7時30分の飛行機に飛び乗ります。

お昼前にお蔵様に入ります。

takagiokura22.jpg


整理整頓され清潔なお蔵様が印象的です

takagiokura03.jpg


高木社長・専務様と話します。

十四代のお酒と高木様の歩み、、、それからの展望、、

takagiokura06.jpg


たくさん、お話しました。 

専務さんが蔵に帰り「十四代」を醸し続けて未だ進化を続けています

十四代を世に出して20年です、、、。

お昼ごはんに美味しいお蕎麦まで頂きました。

s1707.jpg


ご自身が造りたい日本酒を、、美味しいと思う酒を、

そんな高木さんが素敵でした。

『硬く握手をするその手から、感じます。』

堺の地で伝え育てて行きます!

高木様、ご家族の温かいお言葉とお人柄が十四代そのものなのですね

素敵な高木様とお蔵様に感謝。 


ホームページはこちら http://www.jizakeyasan.com/


竹刀破損防止用面金カバーはこちら http://www.jizakeyasan.com/SHOP/k02.html
日本酒 夢紀行 『奈良の銘酒 篠峯 春の利き酒会』2012

先日の日曜日『奈良の銘酒 篠峯 春の利き酒会』に行きました。

朝、6時に起床して花壇に水やりをして事務所で仕事。。。

8時40分、徒歩で堺東に向かいます。

9時前にバスを引き取り駅にお客様をお迎えに行きます。

堺東・堺・中百舌鳥、総勢29人のパーティーとなりました。

拘束道路に入ってから、お客様に日本酒の事、、造りの事、、利き酒の事、、篠峯の事、、

たくさん話します。

マイクの故障でMCは地声(^^; 

昨日の剣道の稽古で声を張り上げ過ぎたせいもあって、大きな声は結構しんどいです。

DSCN3056.jpg


11時前に到着。 受付を済ませると利き酒会が始まります。

人もまだ少なくゆっくりと篠峯を利いて行きます。

20011akisinomine (2)


私は香りだけで我慢、、

母屋でお食事も頂き、その後 蔵見学ツアーもして頂きます。

DSCN3040.jpg


DSCN3041.jpg


再び、利き酒会に戻りますが、この時間には数百名が押し寄せ

落着きない利き酒となります。

他のお客様もお酒が進んで行くと声も大きくなり蔵の中はざわざわ、、。

後ろ髪を引かれる思いですが、13時20分 帰路に着きます。

DSCN3058.jpg


帰りのバスの中でも お酒の話をします。

皆様に日本酒の事を伝えようと私なりに一生懸命でしたが、

やはり言葉のボキャブラリーが少ない事を実感します。

人に『伝える』って難しいですね、、、。

DSCN3054.jpg



私でも松仙でもなく、篠峯と日本酒のファンがひとりでも増える事を願います。


ありがとうございます。


ホームページはこちら http://www.jizakeyasan.com/


竹刀破損防止用面金カバーはこちら http://www.jizakeyasan.com/SHOP/k02.html