(公益社団法人 大阪府剣道連盟 認可団体)  大阪府 堺市内で行われる大人だけの剣道団体。 堺市堺区・西区の2つの稽古場所を使い 毎週金曜日に活動中。剣道が稽古したいと望む大人 どなたでも参加できます。
月例試合
2006-07-30 Sun 23:01
 今日は月例の日で稽古は無しでした。小低、小高、中学生とそれぞれ総当りをして優勝者を決めます。何十人と子供が居る中で「キラッ」と光る子供が何人か見受けられます。地味な稽古を淡々とこなす事や辛い稽古を手を抜かずに集中してこなして来た子供がそうです。 勝ち負けを度外視して「このまま育ってくれたら良いのに」と思います。私たちが目指してきた剣道が少し見えた瞬間でした。 アカネ、エイショウ、ユキ、リョウ、マサ、それぞれ個性ある剣風で光輝いていました。
オリジナル焼酎 剣ノ道の詳細はこちら

スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
最近の稽古
2006-07-29 Sat 23:53
 ここ最近(1,2年)堺市の各剣友会が全体的にレベルアップして来ております。前にも触れましたが「試合に勝つ」と言う具体的な目標に対して「真正面から取り組む」そんな道場の出現があると思います。それは「勝利至上主義」と取られる方もおられると思いますが、逆にお聞きしたいですね「その道場に出稽古、もしくは見学に行った事がありますか?」と、大好きな剣道を求める子供と徹底した「基本」の足捌きを教える先生、それを見て「当てっこ剣道」という言葉は出てこないでしょう。 求める姿勢は「試合で勝つ」じゃぁ無く「剣道が強く成りたい!!」です。 まずは「求める姿勢」からでしょうか、、。
 うちはうち?らしく「前に出て一生懸命打って良く頑張った!」「試合には負けたけどあれで良いんだよ」で良いのかな? それも「正解!!」でしょう。全ての子供と親が同じ物を求めている訳ではないのだから、、。健康・友達・礼儀作法・剣道日本1、求める物が違えば色んな「答え」が有って然るべきですね。
オリジナル焼酎 剣ノ道の詳細はこちら

  
 
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
左手の使い方
2006-07-27 Thu 23:00
 今日は私も基本打ちから子供たちと一緒に参加しました。いつも思うのですが元に立つ人が「上手く引き出す」、「良い技を引き出す」と言う気持ちで立たないと掛かる側の効果は大きく半減します。 中学生以上には出来ているのですが、小学生にはバラつきがあります。なぜでしょう?「意識」です。「やらなければ」と「強くしてあげるんだ」の「真心」です。 「解らない子」「出来ない子」には「言い続ける」、あるいは「方法を教える」と出来るようになります。
 みんな「真心」で友達を強くしてあげるんだ!そして自分も強くなるんだ!と思って稽古しようね。小4のユキが実に「良い稽古」をしています。手抜きしながら週5稽古している子よりもはるかに身に付いています。頑張れ!!

オリジナル焼酎 剣ノ道の詳細はこちら

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
カルチャースクールじゃぁ無いよ
2006-07-24 Mon 15:22
 この頃の子、この頃の親!とよく言いますが、キーワードは「自由」です!自分の自由を他人に押し付け「責任」という大事な事を置き去りです。 学校の先生がよく言います「私たちは聖職者では無い!」、それは子供と本気でぶつかり合い心と心を通い合える関係にはなれない今の教育界と親への警笛です。学校からは「いらん事はするな!」悪い子供!「相手にするな!ほっとけばじきに消える」子供の将来を思って情熱と愛情で諭し良い道に導こうとしてもそれが「暴力」やら「自由」を歌う輩に攻撃されるのであれば、教師は必要最低限の仕事しかしないし出来ないでしょう。学校崩壊、児童・生徒からの暴力、、先生には「言葉」以外に術はありません(それだけで十分と言われるかもしれませんが)
 子供達の明るい未来の為に何ができるのでしょうか。
オリジナル焼酎 剣ノ道の詳細はこちら

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
昇段審査
2006-07-23 Sun 23:55
 「先生!受かりました!」と吉報を聞くと私も本当にうれしく思います。 が、残念な結果だった子もには申し訳ない気持ちでいっぱいになります。相手有っての審査だからもしかすると「運」もあるのかもしれませんが、運で片付けられない「何か!」があるのも事実です。
    普段からの稽古への取り組みが大事ですよね、大人も含めて。
 今日はパターン稽古を何度も行いました。相手の動きを素早く先読みし技を変化させ打ち込む。普段から体に記憶させておかないと「その時!」が来てもパッと出ないから、、。明日は息子と娘とで虫取りに行きます。雨が降らなければ良いのですが、、。

オリジナル焼酎 剣ノ道の詳細はこちら

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
東急の稽古
2006-07-22 Sat 23:53
 明日は昇段審査と言う事もあり子供達もいつもより多く活気ある稽古会に成りました。 先生方もお忙しい中、駆けつけ指導して頂ました。
 この頃、子供達みんな「足」がどんどん悪く成っています。打突後の送り足や開き足、「攻め!」る左足(左膝)、おへそ(左腰)。 やはり言い続けなければ成らないですね。(誰かが、、。)
 ひと夏で大きくジャンプアップする子供とそれなりの子とはっきり分かれてしまいます。 みんな頑張れ!自分に負けるな!


オリジナル焼酎 剣ノ道の詳細はこちら
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
出稽古
2006-07-21 Fri 23:49
 今日は春風館様に出稽古させて頂きました。(邪魔しに来ている様に見えるのが心苦しいです。)啓祐(長男2年生)はいつもは帰りに寝てしまうのですが、今日は月例の部内試合だったらしく、帰りにおしゃべりする元気がまだ残っておりました。その時の彼との会話で先日の大浜の試合の事が話題になりました。試合後、周りの子が「おめでとう!」と声を掛けてくれたのが不思議?だったと、本人は「負けて悔しい!いつも負けている響希に勝って優勝したかった」と話してくれました。泣きたい気持ちでいっぱいだったけど泣けなかったと、、。 表彰式で「メダルを貰ってすごく嬉しかった」とも話してくれました。 
 明日は東急様に出稽古に行きます。

オリジナル焼酎 剣ノ道の詳細はこちら
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
学ぶ 教える
2006-07-20 Thu 23:48
  いつもうるさい位大きな声を出して子供達一人一人に指導!しておりますが、今日は稽古に来た子みんなを「褒めてあげよう」と思い余りとやかく言わないで指導しました。 が、「意識」の問題でしょう、2極化します。 出来る子はどんどん良い稽古を積み重ね「適当」に稽古している子は「無駄を積み重ねて」行きます。試合に勝ち!昇級審査もスッと受かる子は「人の何倍も努力したご褒美なのです!!」試合会場でまぶしい位光っている子供は、物凄い努力を重ね続けてきたからなのです。誰一人天才などはいない!歯を食いしばって深く考え行動して来たからなのです。
 最後に切り返しをして終了、ん~これでは!稽古量も質も目標の半分以下です。これでは心も体も強く成れないですね。「自分を追い込んで稽古する」です。明日は春風館様に出稽古に行きます。
 
オリジナル焼酎 剣ノ道の詳細はこちら
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
どなた様も体調管理にご注意!
2006-07-19 Wed 23:20
  夏風邪が流行っております!火曜日の稽古の終わりにも話したのですが、「うがい。手洗い、鼻洗い」これに勝る予防法は無いでしょう。 外から帰ってきたら!大勢の人と接したら!まず洗面所に行きましょう!習慣ですよね。
  今日は私の左足の状態が悪く(以前のふくらはぎの肉離れです)稽古は出来ませんでした。英彰で初心者を教えておられる○○先生の「柔らかくも鋭い指導法」と「言い回し」が参考になります。やはり長年小さい子供達を見続けて来た先生ですね、「子供の心を捕らえる術」を熟知されてます。良い所を盗んで行こう~。
 
オリジナル焼酎 剣ノ道の詳細はこちら
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
破れない地図
2006-07-18 Tue 23:58
 今日は昨日の疲れから「お休みする子」が多いのかなぁ~と思っておりましたら大半の子供達が稽古に来ておりました。基本打ちから丁寧に解り易く指導して頂きました。何度も「言い聞かせ、やって見せて!」の繰り返しですが、子供にはそれが必要なのです。頭で考え覚えた事を体に覚えさす作業を重ねて行く事により自分の「技」となるのです。
 稽古の最後にk先生に「みんな立会いの所作がちゃんと出来ていた!」と褒めて頂きました。私も特に高学年の子等が良く出来ていた事がうれしかったです。 試合に勝った後は気持ちも良くササッと出来る事も負けた後は悔しさで胸が一杯になり、終わりの礼と所作が疎かになりがちです。「成長したなぁ」と感じる瞬間でした。
 1週間の空き時間のほとんどを稽古に費やし恐らく「日本一」を目指す子供も居れば、人との繋がり・気力・体力・考える力・礼儀・などを学びに週1・2回来る子供も居ます。個人戦ならその子なりに頑張れば良いのですが、団体戦は「チームの為に自分が尽す」応援するときは「チームが選手の為に尽す」「ワンフォアオール・オールフォアワン 」です。チームの勝利の為に自分をどれだけ犠牲に出来るか。それが団体戦ではないでしょうか。 
 試合も昇級審査もコートに送り出してしまえば私たちは何もしてやれません。辛くても苦しくても代わってあげれないのです。 だから、稽古では厳しく教えます、試合や審査で道に迷わないように、何処に行っても通用する破れない地図と勇気と力を持たせるのです。
 明日は英彰剣道クラブ様に行きます。

 
オリジナル焼酎 剣ノ道の詳細はこちら


 
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
堺市スポーツ少年団中央大会 剣道の部
2006-07-17 Mon 17:06
 朝から蒸し暑く汗が引かない嫌な湿度です。 大浜体育館に来て見ると子供達は眠たそうに挨拶して来ます。外で準備運動と素振りを行い会場入り、基本打ち・打ち込み・パターン稽古とこなして行くが「エンジンが掛からない」「声が出ない」どうすれば、、、。
 開会式も終わりもう一度全員を集めてミーティング、ここで「少し掛かってきたかな!」個人戦に行く子一人一人にアドバイス、「さぁ、行っておいで!」「自分の持っている物全て出し切るんだよ!」
 結果は、芳しく有りませんでした。引き出しに入れたまま取り出せなかったみたいです。 明らかに「振り負けています。」「素振り、切り返し、打ち込み、掛かり稽古」の「質」と「量」が違うのでしょう。「しんどい稽古嫌や!先生きらいや!」言うている間に、先を越されてしまったようです。せっかく春まで積み重ねて来た物が夏の入り口でゼロに戻ってしまったようです。 このままでは、ひと夏でもっと「差」が付くでしょう。「足だ!技だ!」と言う前に「基礎体力」で負けているのです。今日負けたのは「今日まで自分に負け続けてきたから」に何人気が付くでしょう、、。

 
オリジナル焼酎 剣ノ道の詳細はこちら

 
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
試合前だと言うのに、、。
2006-07-16 Sun 23:42
 今日の稽古はこの夏一番「気持ちの入っていない稽古」でした。ダラダラ、ペチャクチャ、「気」が集中せずにバラバラになっているのが目に見えて解ります。私も体調が悪く見れなかったのですが、「足・技」うんぬん言う前に「さあ!やるぞ!行くぞ!」の気持ちが無ければ「無駄」です。相手に勝つのでは無く「自分に打ち勝つ!」それが剣道の大切な所では無いでしょうか。 明日は大浜体育館でスポーツ少年団の試合ですが、まず、気持ちを入れ替えなければ!、、。  
  
オリジナル焼酎 剣ノ道の詳細はこちら
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
威徳会様
2006-07-15 Sat 23:05
 今日は威徳会様が出稽古に来られ非常に活気ある稽古になりました。 威徳会様と言うと言わずと知れた堺の名門道場です。稽古に来た子供達の朱色の胴を見て鳥肌が立ちました。
 稽古は試合前という事もあり「身の入った」切り返しと「体攻め」を意識した面打ちを繰り返し行いました。 この頃の東急の特徴で基本打ちの時に「なぜ、そうしなければ成らないのか!」を解説しながら基本打ちをします。以前に比べて足捌きと体裁きが「マシ!」に成りました。(まだまだ理想は遠いのですが、、、。)
 少し休憩を挟み1本勝負の試合を行いました。 大人も隣で回り稽古で汗を流し、21:00切り返しをして終了。
 威徳の子も東急の子も暑い中、最後まで気を抜かず頑張りました。次、試合会場で逢った時にお互い「挨拶」が出来るかなぁ?私は試合で勝つより「おはようございます!」「こんにちわ!」「久しぶり!」が元気に言い合えたら良いのに。と、いつも思っています。

 
オリジナル焼酎 剣ノ道の詳細はこちら
 
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
東急車輛剣道スポーツ少年団
2006-07-14 Fri 23:39
 今日の東急の稽古は試合前にも関わらず、ダラダラ~のスタートでした。この頃の私は余りトヤカク言わずに裏方に徹しております。その代わりピンポイントで子供達に指導・アドバイスをしております。運動量・稽古量共に落ちましたが、蒸し暑いこの時期ですから、、。伸びる子はグングン伸びております。普段からのコツコツの積み重ねでしょうね。一夏で子供は大きくジャンプアップする子とそれなりの子とはっきり分かれます。意志・集中・指導が大きく関わるので特に指導法では[解りやすさと子供達を乗せる事]に重点を置くと、意志・集中にも効果が期待出来ます。 子供にも「言い続け」なければいけない子も居れば「チラッとアドバイス」だけで良い子と色々です。

稽古の最後に少し試合をしました。途中、オカシイ所がある度に止めて指導します。このときのO先生の注意する言い方とタイミングが絶妙です。子供によって強く言い放ったり、諭す様に言ったりと、、。これも全て「東急の子を強い剣士に育てる」から来る愛情なのです。きつい言い方もしますが、ここを解って欲しいですね。(これは指導者みんな同じ志です!)
 大人も日曜日に府下優勝大会です。どうやって勝つか!では無く、どう自分を出し切れるか!稽古して来た事を出し切れるか!。私は今回、仕事で出場出来ませんが、今回だけ堺工の後輩が2名出場します。怪我無く戦って欲しい物です。

 
オリジナル焼酎 剣ノ道の詳細はこちら
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
8学区
2006-07-12 Wed 23:52
 朝からバタバタと事務仕事、合宿の打ち合わせ、車の修理、と仕事をこなし時計を見ると16:30、少しお昼ごはん?を頂きチビを保育園に迎えに行く頃には17:30! ここでハッと我に返る。「今日は1学期最後の稽古会」でした! 堺工の生徒を一人連れて堺市工に着いた頃にはもう始まっていました。
 先生方に懸かるが蒸し暑く呼吸が浅くなり「気」がまとまらない、内容も無くまるで「子供扱い」です。 
 先生方に、いなされ捌かれ返され打ち込まれる、、。苦しい!呼吸ではなく対峙すること事態が「苦しい」、それでも私には「懸かる!攻めて打つ」しか術も無い。 いつも「今日は下がらないぞ」と気持ちを造って望むが気が付けば「ザリガニ!」強張って威勢を張りつつ逃げる! また反省ばかりを抱えて終了。


オリジナル焼酎 剣ノ道の詳細はこちら
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
少子化
2006-07-10 Mon 18:32
 一人女性が一生の間に子供を生む人数の平均が0.8人だとか、、。
その影響でしょうね。親が子供に掛ける期待と愛情は凄いものを感じます。 特に愛情の形の変化が顕著に現れているようです。「注意しない、叱らない、甘やかす」が目立ち剣道に躾を求めて来るように感じます。 本来、剣道を含め「武道」では礼儀そのものを教えるのではなく「作法」を教えるものなのです。私は柔道、剣道、空手、と学んで来ましたが、どれも躾は家庭で行い道場では「技、徳、仁」を学びに行くものでした。昨今では「うちの子、乱暴で、困っているんです。先生直して下さい」です。「あまりに可愛い我が子に嫌われたくないので、教育を履き違えてシテ来なかった」のでしょう。
 子サルを褒めて諭して叱って人間の子供に育てなければいけないのに、小学校に上がっても「サル」のままって子がいます。引っかき、噛み付き、叩き、カンシャクを起こし暴れる、困ったものです。
 大半の親御さんは「先生に全て任せる」という有り難くも大きなプレッシャーで見守ってくれるのですが、そうでない方(可愛いい我が子にやさしく教えろ!など?)が現れ始めました。それも深い愛情の裏返しでしょうか?それとも特殊な例? 気を付けなければ、、。
「サル」は増え続けるのでしょうか?「サル」のまま大人になり親となったら、、。


オリジナル焼酎 剣ノ道の詳細はこちら

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
攻め
2006-07-10 Mon 09:03
 今日の稽古は前半体力作りメニューで打ち込み、切り返しと、その後の「送り足」をしっかりしました。この打突後の送り足「打ち込んだそのままの姿勢で体を送って行く」を意識して実践しました。これには打突後の腰の安定、手の内の緩め(脱力)、下半身の強化、など利点がいっぱいです。苦しくなればなるほど子供達はフォームが崩れ「自己流」が顔を出します。ここをピンポイント!でそれぞれに合ったアドバイスをしてあげなくては「今日の稽古の中身」が大きく違ってきます。
また子供一人一人に合った指導が大切ですね。(言い方、タイミング)
 後半は5年生で分けて技の稽古。低学年が「良い稽古」をしていました。打突に至るまでのフォームと身の入り、打突後の姿勢を事細かく
指導して頂きました。(K先生、O先生はこれを教えるのが実に上手い)地味ですがこれが身になる!
高学年以上は正確に強く!考えながら基本の打ち込みです。大人もこれをしっかりしないと「強く成れない」ですね。


オリジナル焼酎 剣ノ道の詳細はこちら
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
基本に立ち帰る
2006-07-08 Sat 23:49
 湿度が高く汗が肌にまとわり付き非常に苦しい稽古となりました。
先生方も子供達の表情から察したのか、長めの休憩です。
 大人の試合が近いせいもあって、10人ほどになり非常に熱の入った稽古となったようです。これだけ大人が居るときめ細かな指導が出来、子供達も身の入った稽古になったと思います。 
 今日は父母総会も有って道場は熱気でいっぱいでした。 


オリジナル焼酎 剣ノ道の詳細はこちら

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
カルチャースクールではないよ
2006-07-06 Thu 23:15
 今日も目まぐるしく仕事を終え道場に着いた時には稽古も始まっていました。 今日の稽古では基本に立ち返って「攻め!崩して!打つ!」をテーマに一つ一つの動作を確認しながら打ち込みました。ここでも少し目が離れると「足裁き」が乱れ「左足と左腰が着いて来ていない」子が出て来る。私自身も左足の具合が悪いので足幅をグッと狭めて稽古しました。


オリジナル焼酎 剣ノ道の詳細はこちら

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
少年剣道の昔と今
2006-07-03 Mon 13:07
 私たちが習って来た「剣道」と今主流になっている「指導法」は違うのでしょうか? 答えは個々様々でしょうが、私は「同じである」と思います。ただ「より解りやすい表現と教える時期の違い」は感じます。 正面打ち一つにしても「構えて振りかぶり、それが頂点に来て振り下ろす時に右足を送り出し(左足の蹴り押しにより)面を打ち込み、素早く左足を引き付ける」と習った事を記憶しております。 
 今、私たちは「構えて、右足をスーッと送り出し(左足の蹴り押しにより体ごと)左足にウェートが乗り切った状態でも体は崩れず、振りかぶりは大きくても小さくても肘と手首の角度は変えないように気を付け、打ち込みと同時に直左足の引きつけ」を目指しています。打突の瞬間には「雑巾(茶巾)を絞る」ではなく「両手を締める」と表現しています。このほうが「無駄な力を入れずに10本の指を上手く瞬間的に力を入れる」が伝わり易いからです。これらを何時教えるのか!昔は大きくなるに従い徐々に伝えて来ましたが、それは「足裁き」が出来ていなければ始まりませんし、素振りの肩(野球で言う肩)が出来てこそなのです。
 「何時教える」が難しいですね。もう少し深く考えてみます、、。

オリジナル焼酎 剣ノ道の詳細はこちら

別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
福泉剣道会様
2006-07-02 Sun 23:47
 今日は東急の稽古が休み(キャンプ)だったので、福泉剣道会様(喜多先生)に出稽古に行きました。体育館の半分を子供達と分け合って大人もしっかり基本打ち!蒸し暑さで汗がまとわり着き非常に苦しい。
が、「切れない稽古」を意識させる充実した内容でした。子供たちも礼儀正しくハキハキと気持ちの良い子ばかりで、しっかり「掛かる稽古」をされていました。

 
 
オリジナル焼酎 剣ノ道の詳細はこちら
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
| 大人の剣道稽古会 |

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する