(公益社団法人 大阪府剣道連盟 認可団体)  大阪府 堺市内で行われる大人だけの剣道団体。 堺市堺区・西区の2つの稽古場所を使い 毎週金曜日に活動中。剣道が稽古したいと望む大人 どなたでも参加できます。
元立ちについて
2012-02-24 Fri 08:39
ずっと、ご質問を頂いておりました。

「子供の稽古を受ける際の元立ちについて」

私も偉大な先生方の元の立ち方を少しですが拝見して来て

思うのですが、 やはり子供の受けも中高生の受けも大学生の受けも

共通して

打ち込みは「引き出す」「作る」「整える」

懸り稽古は「自由な発想」「追い込む」「練る」

と言ったところに落着くように思います。

基本打ちと打ち込み稽古は基本の法則に則り、刃筋正しく姿勢正しくを念頭に引き出す。

懸り稽古は彼のアイデアを自由に使い遣わせ苦しい中で元立ちに懸って行く強い心と体を練ってゆく。

そう解釈しています。

元立ちがいい加減な間合いや体当たりをすれば、懸り手はバタバタと走り、腰砕けな手押しの当たりとなり

姿勢・構え・足捌き・刃筋を指導せずに打たせるとチャンバラになってしまいます。

千葉のⅠ橋先生・大阪のS道先生・福岡のT巣先生、拝見して私もたくさん学ばせて頂きます。

ある先生曰く、、しょうもない元しか出来んのやったら立つな!

私も(><) 精進します。

2008022F052F952Fc01015955F11254052Ejpg.jpg



ホームページはこちら http://www.jizakeyasan.com/


竹刀破損防止用面金カバーはこちら http://www.jizakeyasan.com/SHOP/k02.html
 
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<第38回 三劔 関西選抜 の試合 | 大人の剣道稽古会 | 仕事の疲れとトレーニングの疲れは別物???>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 大人の剣道稽古会 |

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する