(公益社団法人 大阪府剣道連盟 認可団体)  大阪府 堺市内で行われる大人だけの剣道団体。 堺市堺区・西区の2つの稽古場所を使い 毎週金曜日に活動中。剣道が稽古したいと望む大人 どなたでも参加できます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
袴の前の5本のヒダに意味について
2012-02-28 Tue 09:15
袴の前の5本のヒダに意味について

「仁・義・礼・智・信」の五倫五常の道(徳)を意味し、折り目正しくという事。

仁・・思いやりの心
義・・正しい行い
礼・・相手を敬う気持ち、相手を大切に思う心
智・・正しい判断力
信・・あざむかない、いつわらない心

人として備えなければならない五つの徳目。  

「五常の徳」=人としての道、守るべき徳を説いた儒教の教え。
孔子・孟子が説いた、仁・義・礼・智に、信を、加えてまとめられたものを五常という

「惻隠の情」惻隠の情は仁の端(はじめ)なり。 (孟子「公孫丑、上」)
(惻隠の心は、仁の端緒である。 羞恥の感情は、義の端緒である。 謙遜の感情は、礼の端緒である。 是非の感情は智の端緒である。)

「独眼竜、伊達政宗」の言葉より、、。

「仁に過ぎれば弱くなる、 義に過ぎれば固くなる、 礼に過ぎれば諂(へつら)いとなる、

 智に過ぎれば嘘をつく、 信に過ぎれば損をする。」


正宗の辞世から、、

「曇りなき 心の月を 先立てて 浮世の闇を 照らしてぞ行く」。  政宗の気概を感じます。


追々、剣道を通じて、素直にまっすぐ生きる「五常の心」を学んで行きたいものです。

参考資料 京都 酔剣様 岡山 活人剣様 より
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:0 | トラックバック:0
<<袴の前の5本のヒダに意味について その2 | 大人の剣道稽古会 | 第38回 三劔 関西選抜 の試合>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 大人の剣道稽古会 |

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。