(公益社団法人 大阪府剣道連盟 認可団体)  大阪府 堺市内で行われる大人だけの剣道団体。 堺市堺区・西区の2つの稽古場所を使い 毎週金曜日に活動中。剣道が稽古したいと望む大人 どなたでも参加できます。
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
思う事
2008-09-29 Mon 23:31
 少年剣道も私達大人の剣道も同じなのですが、『勝たなきゃ!』ならないのだ、と思います。
070202_0531~0002

ただ『勝ち』の中身は違って当然でもあります。

そもそも剣道は先人達が殺し合いの中から生き残る技として生まれ、宗教の影響もあり何時しか人

間の道にまで昇華されました。

少年剣道は学生剣道への道しるべとなる事が第1(底辺拡大と土台作り)で、次に『勝ち』を目指すべ

きと…

大人は現象として現れる『打突』のずっと前に、心のキャッチボールがあり相手との調和であると…

このへんは岡山の素敵な先生が説かれておられる事が本当だと私は思います。

そんなこんなも思いつつ、疑問が3つ程あります。

1、少年剣道や学生剣道が『勝ちを目指す』事を前提として、全ての彼らが石田先生や栄花さんのよ

うに頂点を極める訳じゃなく、むしろその殆どが負けを背負うのです。

『 勝てよ!勝てよ、勝たなきゃ何も意味がない!』

を説かれ続けて負けてしまった学生はどうなるの?

2、少年剣道で『日本1』に成った子供が全て超一流の選手として大成したかな?

3、逆にじゃぁ剣道は礼儀正しく真面目な彼であるならば『負けてもよし!』とするのかな?

2、に関しては剣道の土台作りがしっかりしていた子供が飛躍するのだと想像しますが、その土台の

 観点・価値観・表現方法、それぞれ指導者によって違いがありますので一つとは限らないのか 

  な、、、。

 私には解るはずもない高い思考と思慮、経験があってこそ答えが出せるのでしょうね…

それは、こうだよ!と思う方、、、お便り 願います。

本格焼酎 『剣ノ心』はこちら
スポンサーサイト
別窓 | 日記 | コメント:2 | トラックバック:0
<<東陶器春風館様 | 大人の剣道稽古会 | 日曜会>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-09-30 Tue 09:02 | | #[ 内容変更]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-09-30 Tue 15:17 | | #[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| 大人の剣道稽古会 |

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。